理想のマイホームを購入!ハウスメーカーの上手な利用につながる情報まとめ

ハウスメーカーは大手上場企業やそのグループ会社が母体であることが多く、品質面で安心感が高いのが特徴のスタイルです。
メーカーなので様々な基材を用いて家を建てる注文住宅のようなカスタマイズ性は低い一方で、メーカーで作る部材をつかうことが多く丈夫で長持ちするのが最大のメリットと言えるでしょう。
他にもそのメーカーならではの特許技術を利用することができる点が魅力で、自分のライフスタイルに合えばこれ以上のものは無いのです。

理想のマイホームを購入!ハウスメーカーの上手な利用につながる情報まとめ

ハウスメーカーでマイホームを建築する場合は、どちらかというと汎用性が高いものが多いというのが特徴であります。
例えば某ハウスメーカーの場合、すでに部屋が小分けでできている状態から好みのものを選んで組み立てるだけなので早く建築して欲しいというニーズを満たしているのが特徴です。
ほかにも耐用年数を保証してくれるものや特殊な建築材を利用して衝撃を吸収してくれるものもあります。
木材メーカーが母体だと、ぬくもりのある家になります。

大手のハウスメーカーならではのメリット

これから初めてのマイホームを購入もしくは新築するにあたって、大手ハウスメーカーに依頼すべきか、迷っている方がいるかもしれません。
それならば大手ならではのメリットを知ることが、まずは大切。
このタイプのハウスメーカーは全国的に営業エリアをカバーし、規格化かつ工業化された住宅を、大量に生産販売する点に特徴があります。
このため建築コストも比較的安価に抑えながら、大量の住宅を生産かつ供給することが可能です。
もちろん建築コストの安さは販売価格にも反映されるので、購入者にもメリットが大きいと言えます。
もう1つ忘れてはならないのが、品質の安定感です。
前述したように、このタイプのハウスメーカーの住宅は規格化かつ工業化されており、どの建築現場でも施工精度が一定に保たれているのが通常です。
結果的に完成後の住宅品質についても、安定感が高いと言えるでしょう。
またこのタイプのハウスメーカーはブランドを守る意識が強いこともあり、手抜き工事や欠陥住宅に対しては、普段から厳しいチェック体制を整えているケースも少なくありません。
この点でも、品質の安定性を信頼できる理由があると言えます。

自分のニーズに合うハウスメーカーの選び方

新型コロナウイルス感染症が2020年に大流行してから暮らし大きく変化しました。
通勤していた人が在宅リモートワークになり、学校や習い事などもオンライン授業となりました。
家族全員が家に引きこもる生活は想像以上にきゅうくつで、マンションやアパートなどでは、音が気になり揉め事に発展することもある。
中には別の場所に部屋を借りて仕事をしたり、ホテル暮らしをする人までいてメディアでも沢山取り上げられました。
新築マンションは下の階の人を気にしながらの生活ですが、戸建てはのびのびと生活できるので人気が集まっています。
家を購入するにはまず、住宅展示場で自分のニーズに合うハウスメーカーをさがすことから始めます。
平均10棟から15棟くらいハウスメーカーが並んでいますので、シンプルモダンな家ゴージャスな家・有事に備えてシェルター付きの家や、オール電化住宅など特徴がそれぞれありますので自分が一番求めているものはなんなのか見つけるいい場所になります。

ハウスメーカーの繁忙期に該当するシーズンは?

ハウスメーカーは1年中忙しいイメージがありますが、実は繁忙期があります。
ハウスメーカーの繁忙期は1月から3月、そして7月から9月です。
1月から3月に忙しくなるのは、年度末であることが影響しており、人の心理として1月は年が明けたことにより何か新しいことを始めたいと考える、3月は新年度が間近に迫り生活環境を整えたいと考えるのが理由となっています。
7月から9月が該当するのは、梅雨があけさらに夏季休暇が迫っていることから気持ちに余裕がうまれ、見学する人が増えるためです。
9月は3月と同じように前半の終わりであることから営業にも力を入れる必要があり、様々な催しものを行います。
一般的に新年度が始まった4月、梅雨シーズンである6月、台風が起こりやすい10月をのぞき、ほぼ休みのたびに何かしらの見学会を行っています。
ハウスメーカーにもよりますが、多くの場合1年中忙しいため、ゆっくりと営業マンと話をしたい場合は季節が悪い時期を狙うのも一つの手になります。

ハウスメーカーの営業担当と連絡をとる手段

ハウスメーカーの営業担当の人と連絡を取るにはどうしたら良いのかを、一般的な方法を紹介します。
家を建てることはとても大事なイベントであり、人生に何度もあるものではありません。
そんな時にケチがついてしまうとそれだけでマイナスになってしまうので、相性の良いハウスメーカーの担当と合わないとケチがついてしまうことになります。
営業担当の役割は、間取りの作成や提案とショールームの付き添いなどです。
その他地鎮祭の手伝いやインテリアや外構工事の打ち合わせも含まれます。
住宅ローンの提案や資金計画の見積もりも担当し、家を買う時に大きな手続きはほとんど一緒にすることになります。
そんな担当との連絡方法ですが、主には携帯電話でのやり取りが現在はほとんどです。
ショートメールのやり取りもあるために、できるだけ質問がしやすいような担当にしてもらう必要があります。
万一相性が合わないと思った時は、申し出て変えてもらうことも可能です。

著者:城善作

筆者プロフィール

広島県呉市生まれ。
大学卒業後大手ハウスメーカーに勤務。
理想の家づくりについて記事をまとめています。
広島でハウスメーカーを探す